SSD製品:ELIMINOSTATの製造完了品と現行機種の互換性についてのお知らせ


製造完了品との互換性についてのお知らせ

ここではSSD製品のなかで、ELIMINOSTATに関する生産終了品と、現行製品間との互換性について説明しています。なお高圧トランスや除電電極に関しては特殊仕様が多数あるため、この表の組み合わせと異なる場合があります。実際の注文時には弊社営業まで直接ご確認ください。

ELIMINOSTATシリーズには、高圧接続部のコネクタに複数の種類があります。おのおの互換性がないため、同一タイプのコネクタで除電電極と接続します。高圧トランス側はメス、電極側はオスのコネクタになります。

  • SATコネクタ   最新の高圧コネクタで、小型タイプです。
  • SHコネクタ    昔からのコネクタで小型で使いやすいタイプです。生産終了しました。
  • SSコネクタ    SSトランス専用のコネクタで超小型です。生産終了しました。
高圧コネクタの種類
-高圧電源とコネクタの種類-
コネクタ名 該当の高圧トランス
SATコネクタ(メス) SAT-10、SAT-11、SAT-20、SAT-30、AT-10、SSII
SHコネクタ(メス) SH-1、SH-3、SD、SD-3、MT、ST、RTS、UMT、WTS、VT
SSコネクタ(メス) SS

HVBシリーズの分岐ボックスはSATコネクタに対応しています。


-古い高圧電源と新しい除電電極の接続-
製品名 SATオスコネ付きの電極との接続
SS SSオスコネ-SATオスコネのケーブル+分岐ボックス
SH-1、SH-3、SD、SD-3、MT、ST、RTS、UMT、WTS、VT SHオスコネ-SATオスコネのケーブル+分岐ボックス

注意:古い高圧電源は安全回路が付いていません。また昔の電極は高圧線が非シールドタイプであったため、現状のシールド線タイプに交換して使用すると負荷電流が許容値を超えて故障したり性能が出ない場合があります。古いトランスをご使用になっている場合に電極を交換するときには、弊社営業までお問い合わせください。


-古い除電電極と新しい高圧電源の接続方法とサンプル図-
製品名 SATシリーズの高圧電源への接続方法
BO、BIC、BHCなどのSHオスコネ、シールド線の電極 SATシリーズ電源+SATオスコネ-SHメスコネケーブル(SAT-SHF-ECS***-A1)(図3)
BO、BIC、BHCなどのSHオスコネ、非シールド線の電極 SATシリーズ電源+SATオスコネ-SHメスコネケーブル(SAT-SHF-EC***)(図4)
SSオスコネ付き電極 SATシリーズ電源+SATオスコネ-SSメスコネケーブル

SATコネクタ-SHコネクタ接続例
SATコネクタ-SHコネクタ接続例

-コネクタ変換ケーブル類の型式名称(シールドタイプ)-
接続の変換種類 製品型式名称
SHメスコネのトランス(SH-1、SH-3、STなど)にSATの分岐ボックスを接続するとき SHM-SAT-ECS200-A1(ケーブル長さ200mm)
SHM-SAT-ECS500-A1(ケーブル長さ500mm)
SHM-SAT-ECS1000-A1(ケーブル長さ1000mm)
SATメスコネのトランス(SAT-10,SAT-20-2など)にSHオスコネの電極(シールド線)を接続する場合 SAT-SHF-ECS200-A1(ケーブル長さ200mm)
SAT-SHF-ECS500-A1(ケーブル長さ500mm)
SAT-SHF-ECS1000-A1(ケーブル長さ1000mm)
SAT-SHF-ECS1500-A1(ケーブル長さ1500mm)

-コネクタ変換ケーブル類の型式名称(非シールドタイプ)-
接続の変換種類 製品型式名称
SATメスコネのトランス(SAT-10,SAT-20-2など)にSHオスコネの電極(非シールド線)を接続する場合 SAT-SHF-EC100(ケーブル長さ100mm)
SAT-SHF-EC200(ケーブル長さ200mm)
SAT-SHF-EC500(ケーブル長さ500mm)
SAT-SHF-EC1000(ケーブル長さ1000mm)