静電気対策

交流式

 交流高圧電源を利用し、1つの放電針から正負電荷を交互に発生させます。商用周波数型(50/60Hz)は古くからあり、弊社では安全のため容量結合(コンデンサカップリング)を採用しています。正負の極性切り替え時に放電が止まる瞬間が起きます。

 高周波型は交流型の一種で、シシド静電気は世界で初めて圧電トランスを採用しました。軽量小型であり、周波数が商用周波数よりかなり高いため正負のイオン密度が高く、イオンをパイプで搬送することが可能になるなど今までにない特徴を持っています。

交流式